長岡市川西にある堀井スマイル歯科では、むし歯治療、歯周病治療、小児歯科だけではなく、予防歯科やホワイトニング、セラミックスなどの審美歯科、インプラント、矯正歯科、口腔外科など、幅広く対応しています。

堀井スマイル歯科ロゴ堀井スマイル歯科ロゴ
電話番号
堀井スマイル歯科ロゴ堀井スマイル歯科ロゴ
電話番号
メイン画像
私たちの想いページへ私たちの想いページへ
クリニック紹介ページへクリニック紹介ページへ
院長・スタッフ紹介ページへ院長・スタッフ紹介ページへ
診療案内・治療費についてページへ診療案内・治療費についてページへ
アクセス・診療時間ページへアクセス・診療時間ページへ

  • HOME
  • >
  • 歯周病治療/口腔外科

歯周病治療/口腔外科

▼下線部をクリックすると、その項目までジャンプします。

歯周病治療

▶歯周病とは

歯周病とは、歯周組織に発生する疾患の総称です。
歯周病のうち、歯肉に炎症が起こっている状態を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織(歯を支えている骨など)にまで炎症が起こっている状態を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっています。
 
歯周病の原因としては、以下のようなものがあります。

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 歯間部清掃用器具(歯間ブラシ、フロス等)使用の有無
  • 過度の飲酒
  • 定期歯科健診・受療の有無
  • 食習慣
  • 歯磨き回数      ・・etc
 
 
歯周病とは

▶歯周病の進行

健康な状態
健康な状態
歯と歯ぐきの間に歯石や歯垢が溜まっている状態
①歯と歯ぐきの間に歯石や歯垢が溜まっている状態
歯ぐきが赤く腫れ始めた状態
②歯ぐきが赤く腫れ始めた状態
腫れが進行し、歯の根元が見え始めた状態
③腫れが進行し、歯の根元が見え始めた状態
歯ぐきが歯を支えられなくなり、グラグラしている状態
④歯ぐきが歯を支えられなくなり、グラグラしている状態

①の場合、簡単なクリーニングと予防処置で改善が見込まれます。
②の場合、しっかりと歯石除去を行い、歯ぐきの腫れをおさえる治療を行います。
③の場合、外科的な処置が必要です。歯肉を切開し、歯の根の深い部分に付着した歯石や細菌を除去します。また、歯ぐきを補う治療も行います。
④の場合、③よりさらに大がかりな治療が必要です。また、歯が抜け落ちてしまった場合、インプラントや入れ歯といった歯を補う治療も必要になります。

▶歯周病治療の流れ

1.初診・カウンセリング
 
現在の症状、生活習慣等をお聞きします。
生活習慣病といわれている歯周病を治療するには、患者様の日常生活(食生活、歯磨きの回数、睡眠時間等)を見直すことも重要です。

初診・カウンセリング

2.検査
 
歯ぐきの状態やお口の中の細菌などを検査します。
歯ぐきは、色や腫れ、歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さを調べます。
健康な歯ぐきの歯周ポケットは1~3ミリ、中程度の歯周炎があると4~5ミリ、歯周病が進行した場合は6ミリ以上です。
また、お口の中の細菌を調べ、その後の治療方針を決定します。

検査

3.歯磨き指導
 
患者様の現在の歯磨き方法を見直し、最適な歯磨きを指導します。
正しい歯磨きの方法を身につけ、ご自宅でのメインテナンスを強化していただきます。

歯磨き指導

4.歯石除去
 
ご自宅での歯磨きでは取れない歯石(細菌が石灰化して硬くなったもの)を、専用の機械で取り除きます。

歯石除去

5.再検査・効果測定
 
再度お口の状態を検査します。
経過が良好であれば、メインテナンスに移行します。

6.メインテナンス
 
定期的(3~6ヵ月)にご来院いただき、お口の状態の確認、歯石除去等を行います。
歯周病の再発・悪化防止には定期的なメインテナンス、ご自宅での正しいブラッシングが重要です。

メインテナンス

口腔外科

▶口腔外科とは

口腔外科とは、口の中とその周囲に発生する病気を外科的処置で治療する方法です。
 
通常、大学病院へ行かなければ治療できない場合が多いですが、当院では口腔外科に必要な設備が整っておりますので、ほとんどのケースで対応が可能です。
また、長岡赤十字病院や新潟大学と連携しておりますので、万全の態勢で治療にあたらせて頂いています。

▶口腔外科で行う治療

●親知らず
現代人は顎が小さくなりがちで、それに伴い親知らずの生えるスペースが足りなくなります。
その結果、親知らずが半分生えた状態になったり横に向いてしまうことが多くなります。
このような状態だと、親知らずとその前の歯が虫歯になりやすくなったり、親知らずの周囲の歯肉が炎症を起こし、腫れたりします。
口腔外科では、こういった親知らずを抜歯し、症状の改善を図ります。

親知らず

●歯の移植
かみ合わせに関係のない親知らずなどを、歯が失われた部位に移植して、かみ合わせを作る方法です。適応範囲が限られていますので、お気軽にご相談ください。

歯の移植
右下の歯がなくなりました
歯の移植
親知らずを移植しました
歯の移植
ブリッジでかみ合わせを作りました

●感染症
口の中の感染症は、ほとんどが歯性感染症です。
むし歯菌が根を通して骨の中に入ってしまったり、歯周病で歯の周りに菌が入る症状です。
 
●顎関節症
コメカミの下にある顎の関節を顎関節といい、口が開きにくくなったり、開けると痛みや音が生じたりします。
かみ合わせの異常や歯ぎしり、ストレスなどが原因で起こると言われています。

顎関節症

●のう胞
多くはむし歯菌が根に入って膿がたまる歯根嚢胞(しこんのうほう)です。
また、唇などに唾液のたまった袋状のできものができる粘液嚢胞などがあります。
 
●腫瘍
良性のものと悪性のものがあります。
顎の骨の中にのみできる腫瘍としては、歯を作る細胞が原因になる歯原性腫瘍があります。
 
●外傷
事故などで歯や顎の骨が折れたり、歯が抜け落ちてしまった状態です。

TOPページへTOPページへ
むし歯治療詳細へむし歯治療詳細へ
 
根の治療詳細へ根の治療詳細へ
 
歯周病治療ページへ歯周病治療ページへ
 
小児歯科ページへ小児歯科ページへ
 
予防歯科ページへ予防歯科ページへ
 
口腔外科ページへ口腔外科ページへ
 
インプラントページへインプラントページへ
 
入れ歯ページへ入れ歯ページへ
 
審美歯科ページへ審美歯科ページへ
 
ホワイトニングページへホワイトニングページへ
 
歯の矯正治療ページへ歯の矯正治療ページへ
 
訪問歯科訪問歯科